申年には赤いパンツがいい?言い伝えと猿ゆかりの日吉大社

——————
2016年は申年!
申ゆかりの神社で
運気アップ!!
—————–

c6c7e1508f669768f39ee674132b23d6_s

2016年申年言い伝え

来年2016年は「申(さる)」年!
申年と言えば、赤い下着を申年に履いたら運気が上がると
先日ラジオで言っていましたが
前の申年のときも「赤い下着が幸運を呼ぶ」と流行ったそうですが
今年も下着メーカーが赤い下着に力を入れています。

江戸時代にはすでに「赤いものを身につけると病よけになる」と文献で言い伝えられてました。

申年は古来から天変地異が起きると言われ不作が続いたりする年とされ
いろいろな願掛けの縁起物があります
運気アップに「申」ゆかりの神社で初詣はいかがでしょうか?

日吉大社 猿の由来の神社

滋賀の大津にある山王総本宮日吉大社は神様と使いとされる
「神猿まさる」さんが2頭が境内で迎えてくれる
「申」ゆかりの神社!

神猿(まさる)が「魔が去る」に通じる事から“魔除け”や“厄よけ”
「勝る(まさる)」ことから勝利運のご利益があり

スポンサードリンク

その他にも家内安全、縁結びなどさまざまなご利益のある神社です。

東本宮山道の脇にある猿岩と別名のある「猿の霊石」は
なでれば開運に導いてくれるとされているので
ぜひ開運を祈願したいです!

西本宮の楼門は国指定の重要文化財で
そちらの門にもよく見ると神猿が彫られています。

境内の神猿舎には元気な2頭の神猿さんが網越しに見れるのでとても癒されます。
室町時代から記録に残ってるほど古くから猿は飼われ
日吉、日枝、山王神社は全国に約3800社あり
その総本宮で境内はなんと。。。甲子園11個分!

その広い境内にある約40社の神様の総称である第一の使いが猿「神猿」なので
日吉神社といえば「猿」といわれるほど「申」にゆかりのある神社です。

先程も書いたのですが境内のあちこちに神猿さんがあしらわれた装飾などが
されてあるので、厄よけしてくれる神猿さんを探しながらお参りしたら
運気が上がる気がします♪

まず山王鳥居を抜けると掛かっている橋「大宮橋」は
映画「るろうに剣心京都大火編」のロケ地になった場所で
パワースポットとしても有名な橋ですが
映画の聖地としても知る人ぞ知るスポットになっています。

そして西本宮へ向かうと
日吉造と言われる造りの国宝にもなっている美しい本堂があり
神猿さんの授与品もたくさんあります。

そして東本宮。
13年に改修されていて金の装飾が神々しい独特の美しさで見ごたえがある本堂を参拝すると
心まで洗礼された気持ちになります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ