2016年年賀状のデザイン♪無料テンプレート第2弾♪

———————-
まだクリスマスも来ていませんが
来年、申年の年賀状の
テンプレートをご紹介♪
———————-

404951c092d1e3663018cd0213aea3b9_s

2016年の年賀状デザイン

来年は申年!11月になると年賀状も販売され準備に取りかかってる方も多いのではないでしょうか?

私はいつもギリギリになってしまうんですが
今年はブログを始めた事もあり。。。
いろいろ申年について調べたりしていたら面白い言い伝えなどとても興味深くて

年賀状のデザインもたくさん出ていてみんないつ頃から準備しているんだろう。。。
と感心しました。。。!

でもデザインコンペは前にも書きましたが年賀状は5月頃が締め切りなので
夏頃には決まっているのでしょうか。

デザイナーのはしくれなのにそこのとこ詰めが甘いなと
ブログを通して感じさせられる一年でした。

年賀状のテンプレート2016年

10月頃にもテンプレートをあげましたが
今度は得意分野の女の子の動物シリーズのデザインを作りました!

前回も思いましたが「猿」ってどうも可愛く描けない難関な干支な気がします。。。

どうしても面白く感じてしまいなかなか納得できませんでしたが
なんとか可愛くかけたものができたので
つたないデザインではありますがよければ使ってください。

スポンサードリンク

2016年賀状

※ご自身の年賀状の印刷のみに使用してください。
それ以外の加工、再配布、無断転載などなどご遠慮くださいませ。
年賀状としての文字入れは大丈夫です!
ぜひぜひ使っていただけたら嬉しいです。

2016年申年言い伝え

申年には「赤い下着を身につけると運気が上がる」と言い伝えがあります。

申年は下着メーカーで赤い下着のデザインが豊富になるとテレビでもやっていましたが
この言い伝えは日本各地でさまざまで

例えば私の住んでいる関西では
子供から肌着を贈ってもらい、身につけると病が去る(猿)
と言われていて

関東では、関西とちょっと似ていて
子供から贈られると。というのは一緒なのですが「申」と書かれた「パンツ」を身につけると病が去る(猿)
とされていて関西よりもちょっと限定的な言い伝えのようです。

なかでも「子供」や「女性」から贈るという言い伝えが多く
病が去る。下の世話(寝たきり)にならない。運気が上がる等
さまざまな言い伝えがあり

北海道でも関東と同じくパンツでなくても良いみたいですが
「申」と書かれた肌着を身に着けると病が治ると言われていて
さらに色は赤で、年下の女性から贈られるのが良いとされています。

年上の彼氏、旦那様いる方は来年赤い肌着をプレゼントするといいかもしれません♪

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ