うっかり日焼けしてしまった時のアフターケア!

———————–
日焼け対策いつもばっちり!
でも日焼けしちゃった。。。
そんな時のお肌のアフターケア
———————–

af788cb12466a214d6cd36e1068ecf84_s

日焼けしてしまった時のアフターケア

普段日焼け対策してるけど焼けてしまった。。。。
ちょっとスーパーにいくくらい。。。とおもって焼けてしまった。。。

そんな時のアフターケアの仕方です。

まず、日焼けは火傷なので水分補給と冷やす事が大事です!
肌だけでなく水分補給もしっかりして内側からもしっかりケアしましょう

上に書いたちょっとした日焼けのアフターケアです
海水浴などで一気に焼けて敏感に赤くなっていたり痛みがある場合は
化粧水やクリームは肌に刺激を与えるので赤みや痛みがひいてきてからはじめてください!

まず、たっぷりの化粧水で保湿します。
肌に合うならたっぷり惜しみなく使えるリーズナブルなものがオススメです
優しくパッティングしていつもの3〜5倍くらい入れ込んでいきます。
ピタピタと手でパッティングではなく、コットンで優しくクルクルと入れ込んでください
その方が肌の凹凸にもまんべんなくしっかりと浸透します。

焼けちゃったからすぐに美白したい!
と思ってしまうかもしれませんが。。。
日焼けのあとにはメラニン色素を活性化させる細胞が
日焼けの炎症で刺激され、メラニン色素が増えてしまう事で起きるので

化粧水でまずはたっぷりしっかり水分補給してお肌を落ち着かせてあげましょう。

肌が落ち着いてきたら
美白効果の化粧水のフェイスパックを冷蔵庫に入れておくと手軽で、冷たさで沈静効果もあります!

化粧水をつけ終わったらせっかく補給した水分を逃がさないように
クリームやオイルなどの乳液で水分の蒸発を防ぎましょう

軽い日焼けならいいのですが
ひどい日焼けで皮がぽろぽろめくれてしまう場合。
ついついむきたくなってしまいますが絶対にしてはいけません!
肌を傷つけてしまってよけいに炎症してしまうもとになります。

お肌だけでなく内側からもケア!

先ほど水分補給で内側からもケアしてくださいと書きましたが
それ以外にも、メラニンの生成を押さえる働きがありしみそばかすに効果的なものをご紹介します

スポンサードリンク

まず、ビタミンC!
a0001_011399
レモンやオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系が有名ですが
緑黄色野菜にも多く含まれます。
柑橘系のフルーツをジュースにしたり
(もちろんそのまま食べても)
緑黄色野菜を煮て食べたり
(煮る事で量を減らして食べれるのでたくさん食べる事ができます)

効果的なのは朝食後(満腹時)ビタミンCが入ったジューズを200ml
ゆっくりと1口ずつ。1時間かけて飲んで
さらにビタミンPビタミンEを一緒にとるといいそうです。

(ジューズではなく他の方法でも問題ありませんがジューズがお手軽なので紹介させていただきました)

とくにビタミンEは、ビタミンCと一緒に摂ると日焼けによる肌の回復がよくなるそうです。
ビタミンEが不足すると老化色素の合成が促進されるので、シミやそばかすの原因になります。

ビタミンEは、アボガドや大豆、胡麻、ナッツ類に多く含まれます。
うなぎや海苔にも多く含まれます!
a0002_011993
また、日焼けで活性酸素が発生し細胞が傷つくのをおさえてくれるのが
にんじんやかぼちゃなどの緑黄色野菜に多く含まれるβカロチン
a0002_002474
肌をしっかり再生、作り上げる構成要素のひとつたんぱく質
a0002_011540

もしも焼けてしまった時は、まず冷やす!赤みがひいたらしっかり水分補給。
水分だけでなく、ビタミンCなど栄養を摂って内側からもしっかりケア!
(ただし、水ぶくれができているなど症状がひどい時は皮膚科を受診することをおすすめします)

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ