土用の丑の日スーパーのウナギをふっくらおいしくする方法!

———————–
2015年の土用の丑の日は
7月24日と8月5日!
土用の丑の日と言えばウナギ!
ひとてまでウナギをふっくらおいしく食べれる方法♪
———————–

87f14d2deb4dca9263156ae429f0bda3_s

スーパーのウナギをふっくらおいしく食べよう♪

鰻屋さんで買う鰻はおいしいですがやっぱりちょっとお高い。。。

お手軽にスーパーで売ってる長いままの鰻の蒲焼き。
リーズナブルでお財布には優しいけど、固くてタレも甘ったるかったりしますよね。。。

国産、輸入どっちでも安いスーパーのウナギをせっかくなのでおいしく食べたい!
そんなレシピをご紹介します。

まず、たっぷりかかっているタレ。
実は見た目重視で多くかかっているらしいので、思い切って落としていきます!
パットやお皿に長いまま入れて。ヤカンでお湯を沸かし、熱湯をかけながらタレを丁寧に流し
すぐに引き上げてキッチンペーパー等でやさしーく水気をとってください。

★魚焼きグリルの場合

アルミホイルに油をうすく塗り、ウナギをおきます。
お酒小さじ2杯くらいをふりかけ、しっかり包んで魚焼きのグリルに入れて3〜4分ほど焦がさないように注意しながら焼きます。

★フライパンの場合

フライパンに皮を下にしてウナギを並べます。
お酒と水を1:1で混ぜたものを作り、ウナギが半分くらい浸かる程度入れます
中火にかけてアルミホイルで落とし蓋をします。
沸騰したら弱火にし、4〜5分蒸し煮します。
ウナギがふつふつしてきたら裏返し1分ほど煮つめたら完成です。

スポンサードリンク

76a4e8830c71a43c15ccc1406e782252_s
コンビニの蒲焼きのお弁当等もウナギだけ別で上の方法で一手間かけるだけでおいしくいただけます!
(ウナギができるタイミングでご飯もあたためてください)

真空パックのウナギ。
こちらは、人肌のお湯にパックのまま浸し温めます。
十分に熱した魚焼きの網の上に乗せ、中〜強火で表面がふつふつと泡立ってくるまで焼き
ウナギのタレ(付属でついているものや市販のもので大丈夫)全体にのばして、さらに軽くあぶって出来上がりです!

蒲焼きのタレの作り方

市販のタレは甘くて。。
という場合はタレを作ってみましょう!

(2人分)
醤油、砂糖、みりんを大さじ2ずつ。お酒大さじ1をお鍋に入れ弱火で立たせます。

甘みが気になる方はお砂糖を調節してくださいね。
煮立たせる時間を長くすると濃厚になります♪

ウナギを緑茶で煮たらおいしくなる!?

a0006_001001
ウナギをフライパンでおいしく温める方法を上に書きましたが。
タレを流して水気を切り、皮を下にして入れる。

ここまでは一緒なんですが。。。

なんと!ここで、お酒ではなく。。。
緑茶を皮が浸るくらいまで注ぎます!

そのまま5分ほどにて水分を飛ばして最後にタレをかけます。

緑茶に含まれるタンニンは、ウナギの皮を柔らかくする作用があり
緑茶で煮込む事で水分をしっかり戻し柔らかくしあげることができるんです!

こちらもよければ試してみてくださいね♪

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ