結婚式での女性ゲストのドレスのマナー!靴は?バックは?

———————–
結婚式での女性ゲストの服装
マナーを守って華やかに。。。。!
結婚式でのマナーって?
———————–

e1da51d15ea669cb01d901fcb8ccf480_s

結婚式での服装マナー

洋装の場合は時間帯によって服装が異なります。昼間はアフタヌーンドレス、夜はイブニングドレスが正式です。
しかし最近は昼よるあまり区別せず、ドレッシーなワンピース、アンサンブルが主流のようです。

●ヘアスタイル
基本的にはアップスタイル!
おろしたままのヘアスタイルはNGです。。。!
結婚式はフォーマルな場所。普段のオシャレではマナー違反になる事も。
ドレスにつけるものも同様ですがコサージュは12cm以下までが望ましいようです。
9e1f0b467dd1cdecbc912a41fbd7a2e1_s
●ドレス
ベアタイプのものはボレロやストールで露出を隠します。
肩丸出しの露出度高めのセクシーなものはNGです!
半袖のものや袖のあるものは無理に隠さなくても大丈夫だと服屋さんの店員さんからのアドバイスをうけました。
ドレスに合わせるボレロにファーは殺傷を連想させるのでマナー違反です

スカート丈は膝上5cm〜膝下丈のものがよいと言われてます。短すぎるのは×。
フォーマルな場に着ていくドレスではやはり無難なのは膝丈です。

色は白はNG。白のドレスは花嫁さんのもの!
淡いピンクやベージュのドレスは、光の当たり方によっては白く見えてしまう事もあるので注意!
濃い色のボレロやストールなどを合わせてコーディネートしてください。
全身黒ずくめもよくないとされています。
花嫁より目立たないというのは基本ですが、意識しすぎて真っ黒になりすぎないように!
黒いドレスは華やかなコサージュなど小物をコーディネートすれば大丈夫ですが、せっかくの結婚式です女性ゲストはお祝いの席の華やかさを演出する明るい色のドレスが好ましいようです。

また最近ではよく見かけるブライダルドレスのデザインですが
上下で色が別れているもの。こちらは、最近ではあまり気にしない人が多く普通に着ていく方も多いですが
少し前は色が別れる→別れるという事からお祝いの場では縁起が良くないのでひかえたそうです。
今では気にする人も少ないと思いますが、それを知ってなんとなくわたしは色が別れていないものを選んでしまいますね。。。(笑

スポンサードリンク

招待状に「平服で」と書かれている場合も、ロングドレスや振り袖などの礼装でなくてもいいという意味で
普段着でいいという意味ではありません。

●アクセサリー
結婚式の主役は花嫁さん!花嫁とかぶらない、目立たないものが基本です。
ゴールドやたくさん宝石のついたゴージャスなものはNGです。

結婚式では「2度あるとよくない」という事から、二連はあまり縁起が良くないとされていて、一番無難で身につけられるのは一連のパールのネックレスです。
時計は、時間を気にしないようにという意味で外しておくのがマナーです。
9e0d9650f28e7e9775da7d89553ea7e4_s
●バック
華やかな小さめのバックがよいとされています。
動物の皮のもの(こちらも殺傷を連想するので)光り物のバックはNGです。
仕方なく大きめのバックが必要な場合のサブバック。こちらはブランドものの紙バックなどはマナー違反なので注意してください。
またサブバックがマジックテープなのでとめるタイプのものは、取り出す時にベリッっと音が大きくなってしまったりするので
選ぶ場合は注意してください。静かな時にでも音を立てず取り出せるものの方が良いです。

●ストッキング
生脚はNG!
一番は、ベージュのストッキング。
黒や派手すぎるもの、カジュアルなタイツはマナー違反となります。
ストッキングは伝染しやすいもの。。。!
できれば予備のストッキングをもっていくと、もしもの時に重宝します!

●靴
爪先、かかとを隠す靴が好ましいとされています。ヒールはある程度あるものを!3〜5cm以上のパンプスが基本です。
ミュールやサンダル、ブーツはカジュアルに分類されるのでフォーマルなバニはふさわしくないとされています。
カジュアルな結婚式やパーティーも増えてきて、爪先がでているパンプスでも良いとされるのが最近の傾向のようです。
3f1bb12bf094667dd374044c90931969_s

マナーを守ったお祝いの場にふさわしい華やかで品のある服装を!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ