2015年祇園祭の歩き方!昨年から日程が2倍に!

———————–
夏といえばお祭り!
お祭りと言えば。。。
有名な祇園祭!
———————–

a0830_000341

2015年祇園祭の日程

祇園祭は素戔嗚尊を祀り疫病退散を願って、7月の1ヶ月間祭事が行われる八坂神社のお祭りです。
平安時代から1000年もの間、夏の訪れを告げる京都の風物詩として行われてきました。

この歴史ある祇園祭が昨年大きく変わり、49年ぶりに神様をお迎えにいく『前夜祭』とお見送りにいく『後夜祭』に別れて山鉾が巡行しました。
宵山も前祭と後祭と行われ楽しみが2倍に!!

2015年は前祭の宵山が7月14日(火)〜16(木)山鉾巡行が7月17日(金)

後祭は宵山7月21日(火)〜7月23日(木)山鉾巡行が7月24日(金)

祇園祭の楽しみかた

露店が目当てなら前祭の宵山!
前祭の宵山では、四条通が歩行者天国になるため、夜の華やかな祇園と露店の雰囲気を楽しみたい方にはオススメです!

後祭が行われる山鉾町は伝統あふれる屏風祭りが盛んです。
露店は出ませんが、伝統ある旧家は祭りの趣を良く感じられるのではないでしょうか。

せっかくの祇園祭!ご利益巡り、ご朱印集めなどを楽しみましょう♪
山鉾の各会所には独自のご朱印があり、志納金がいつようなところもありますが各自で押す事ができます
山鉾を巡ってご利益をいただき、宵山の期間しかいただけないご朱印を集めるのも楽しみ方の一つです!

スポンサードリンク

今年の宵山は平日なので、お仕事や学校帰りに夜の祇園祭りを満喫する事ができそうです♪
山鉾町周辺の飲食店には限定メニューを出すお店も多く、限定メニューの食べ歩きなんかもいいかもしれません♪
ただ祇園祭の期間は恐ろしく人であふれかえって混雑しています!!
デートのときは予約する事をおすすめします(>_<) 浴衣を着てお友達と。。。恋人と。。。 ぜひ祇園祭楽しんでください♪ 浴衣の髪型アレンジもご紹介していますのでよければ参考にしてください!

夏の祇園の甘味どころ/h3>
暑い夏に食べたいかき氷を祇園祭りの会場周辺で食べれるお店をご紹介します♪
9180d9e11468cfb6491895cb4e9eca09_s

●祇園四条『祇園NITI』

天然氷をつかったふんわりかき氷!
優しい冷たさと口溶けが楽しめます♪
季節ごとの旬の果実を使った自家製シロップが人気のようです!
町家を改装していて、お庭をながめながら過ごせるのも魅力的!

●祇園四条『甘味所 ぎおん楽楽』

イタリアンと和のコラボをテーマにしている甘味どころです!
人気の「あめちゃんみたいなかき氷」は
イタリアンシェフによるフルーツソースは3種類から選べて
果物や寒天がはいっていて、甘さを抑えた大人な味

●河原町『甘党 弥次喜多』

宇治金時が好きな方にはおすすめしたいお店です!
個人差がありますが甘党のわたしには少し苦めで、注文ごとにたてた濃厚な抹茶の香りと苦味を生かすために季節によって
小豆の炊き方を微調整しているのがこだわりなんだそうです!
小粒のもちもち白玉は夏限定♪甘党さんには練乳やアイスクリームをプラスするのがオススメです♪

●祇園四条『祇園下河原 page one』

隣接する氷店がやっているカフェバー。
創業100年以上の氷店で氷店ならではの氷の器に入ってくるかき氷が特徴!
きめ細かいかき氷に生絞りのレモン、生のライチなどさっぱりとしたでもジューシーなフルーツのかき氷が楽しめます♪

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ