暑中見舞いを出す時期はいつからいつまで?書き方は?

———————–
暑中見舞い。ちゃんと出した事ありますか?
メールやLINEではなく、今年ははがきを出してみるのも
いいのではないでしょうか?
———————–
a1180_014515

暑中見舞いを出す時期はいつからいつまで?

一年の中で最も暑さが厳しい季節に、相手の体調を気づかい、こちらの近況を伝えるのが暑中見舞いです
なので、7月初旬の梅雨明けの小暑7/7頃から、立秋(8月7日頃)までの間に出します。

たとえば御中元の時期(7月上旬〜7月15日頃)と重なるので、お中元のお礼状を兼ねた暑中見舞いのお便りでも良いと思います!

この頃を過ぎてから出すのが残暑見舞いで。秋になってもまだ暑さが残っていると言う意味で出すので、残暑見舞いの場合には遅くとも8月中に先方に届くように出します。

暑中見舞いの書き方の文例

今はお友達に気軽に出せるポップなはがきも出てますが
暑中見舞いの文例を簡単ですが載せさせていただきますので
よければ参考にしてください

まず挨拶文
「暑中お見舞い申し上げます」 冒頭に、やや大きめに書きます

続いて時候の挨拶
葉書を出す時期にふさわしい時候の挨拶(7/初旬〜立秋の頃まで)の言葉です。
たとえば。。。
「毎日暑い日が続いておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか?」
「蝉の声が日増しに賑やかになって来ました。お変わりなくお過ごしでしょうか。」などなど。。。

スポンサードリンク

そして書き手の近況報告
近況報告は、なるべく具体的な内容で受け手が読んで楽しくなるような事を。
また、この部分に御中元のお礼の言葉を書いても良いと思います!

最後に、日付
日付けを書く場合には「○年○月○日」と正確な日付けではなく「平成○○年盛夏」と書くのが慣例です!

残暑見舞いの場合の日付けは「平成○○年晩夏」「平成○○年立秋」「平成○○年八月」などと書きます。
残暑見舞いは時候の挨拶も違いますのでご注意ください!

暑中見舞いのはがきにそえるイラスト

この季節になると、朝顔やひまわりなどの花、スイカやかき氷などなど夏の風物をとりいれたイラストがかれたはがきがたくさん出ています。

でもたとえば、暑いときだからこそ涼しい時を思わせるようなイラストのものもいいかもしれません

下にわたしが描きました桔梗のイラストがはってありますのでよければ暑中お見舞いにお使いください
(著作権は放棄しておりませんので無断転載、販売、再配布等はご遠慮ください)
暑中見舞い

イラストが入ったはがきには、イラスト部分をさけて文字を書きます。
薄い色調のものであれば、イラストの上に重ねて文字を書いても見にくくなければいいと思います。

メールやLINEですませがちですが。。。ぜひ今年は暑中見舞いで近況を伝えてみてください♪
その時、一年中で最も暑くなる時期です。相手の体調を気づかう言葉をかならずどこかに入れてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ