寝れない時のための方法!あなたの睡眠ちゃんと快眠ですか?

———————–
日本人の3人に1人が
不眠の症状を感じています
———————–

f86eb35a6d5487844cc8bce341788f17_s

ちゃんと眠れていますか?

眠れないって言う不快や苦痛だけでなく不眠は日中の眠気やだるさ、集中力の困難などの悪影響を起こします。
「最近あんまり眠れないかも」と思ったら早めにお医者さんに相談した方がいいかもしれません。

実は日本人の3人に1人が不眠の商用を感じていると言われる現代のストレス社会。
その数は年々増加しているとされています。

不眠の症状のタイプ

●入眠障害
床に入って寝付くまでに、30分〜1時間以上かかるなかなか寝付けないタイプ。
不安や緊張など精神的なことから起こりやすい症状と言われています。

●中途覚醒
寝ていてもすぐに目が覚めてしまって、そのあと一度目が覚めてしまったらなかなか寝付けなくなるタイプ。
日本の成人の方の不眠症状の一番多いタイプと言われています。

●早朝覚醒
朝早く、目覚ましより2時間以上前に目が覚めてしまってその後眠れなくなるタイプ。
高齢者に多い症状です。

●熟民障害
いくら寝ても、睡眠時間は十分とっていてもあまり寝た気がしない熟眠感がえられないタイプ。
このタイプは他のタイプを伴っている場合があります。

スポンサードリンク

快眠のための工夫

快眠のためにはやはり規則正しい生活習慣が一番で
しかし無理に生活習慣を変えると逆にストレスになってしまうこともあるので
できそうな事から少しずつ生活に取り入れていく事がいいそうです。

まず、寝る時間や睡眠時間にあまりこだわりすぎないこと。
予定がある場合などと国「眠らなくては」と思ってしまうとかえって寝付きを悪くしてしまう事があります。
睡眠時間は個人差がありますので、日中に眠くなって困らなければ短くても大丈夫のようです。

寝床は寝るためだけに使うこと。
寝床で本を読んだりテレビを見たり。。。しがちですが
眠くない場合は別の部屋に移動し、時間を気にせずリラックスした時間を過ごすようにするといいそうです。

寝る前には刺激物をさけましょう。
夕食以降のカフェインの摂取や喫煙者は寝る1時間前の喫煙は控えた方がいいとされています。
軽い読書、静かな音楽、ぬるめのお湯での入浴など心身がリラックスできる状態にする事が望ましいです。
夜に明るすぎる照明やテレビの光は安眠の望外になるのでさけましょう。

睡眠薬のかわりに寝酒を飲むのは避けましょう。
寝る前にあるコーツを摂取すると、夜中に目が覚めやすくなったり眠りが浅くなる事があります。
お酒に身体が慣れてしまう事によりお酒を飲む量が増えたり依存症にもなりやすいため注意が必要です。

この他にも
日中眠くて集中できない場合などは午後3時までに20〜30分の昼寝は頭をスッキリさせます。
30分以上の睡眠は深い眠りに入ってしまうため逆効果で
午後3時以降だと夜に眠れなくなってしまう場合があるので控えた方がいいとされています。

あくまでも参考程度の事なのでもし不眠症状を感じたらお医者さんに行く事をおすすめします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ