豚肉で疲労回復!でも食べ過ぎると逆効果?

———————–
暑かったり湿気が多かったりで
身体がぐったり。。。
そんな時の疲労回復料理!?
———————–

8640ad03ed48d57af7d9751cd54d59d9_s

豚肉の疲労回復効果

豚肉にはビタミンB1がたくさん含まれていて
このビタミンB1は炭水化物を食べた時のブドウ糖をエネルギーに変えてくれてる働きがあります

ビタミンB1がたりないと。。。
炭水化物を取りすぎた時など、ブドウ糖がエネルギーにならず
「乳酸」になってしまいます!

身体を動かした時にも乳酸は発生し
よく「乳酸がたまる」と言いますが新陳代謝が悪いと乳酸が出て行かずに
疲れたように感じるのだそうです。

そこで!ビタミンB1を多く含む豚肉などの食材を食べるとエネルギーに変えてくれるので
豚肉は疲労回復にいいと言われています

スポンサードリンク

ビタミンB1ただ食べるだけじゃダメ?

ビタミンB1は疲労回復にいいと書きましたが
身体でこのビタミンB1は作られないそうなんです。
なので、食べて摂取しなければいけないのですが

実は摂取するだけではダメなようなんです。
むしろ逆効果になる事もあるようでちゃんと知っておきたいところです。

豚肉をただ食べれば疲れが取れるわけではなく
逆に食べ過ぎると「ピルビン酸」という疲れる元が体内で乳酸に変わってたまってしまい
疲れがたまってしまうということにもなるそうです。

何事も限度があるんですね。。。

しかしこの疲れの元「ピルビン酸」。
クエン酸と一緒に豚肉を食べると「クエン酸」に変わるんです!
クエン酸が疲労の元を身体から出してくれる役割があるので
豚肉など疲労回復効果のあるビタミンB1の多いものを食べるときは
柑橘系の果物や梅、トマトなどクエン酸を多く含む食材を一緒に食べると
より疲労回復効果が期待できます!

栄養素をきちんと身体に吸収

豚肉はクエン酸と一緒に食べるとより疲労回復に効果的ですが
調理する時ににんにく、ニラ、たまねぎを組み合わせるとよりビタミンB1の吸収を良くしてくれます。

もちろん先ほど書いたクエン酸を多く含む食材のトマトを使ったトマトソースなどもぴったりだと思います♪

ただ、ビタミンB1は熱に弱いので調理するときは注意が必要のようです(>_<)

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ