ドラマど根性ガエル感想とネタばれ!

———————
引き込まれるひろし役
松山ケンイチの演技力
———————

34a7085ebe5bd68d47316699c7117348_s

なつかし漫画のドラマ化

最近漫画のアニメ化が増えてきたドラマ業界
ドラマに限らず映画などでも漫画を原作としたものが
目立っているように思います。

評価は人それぞれだと思いますが。

今日書いていこうと思う「ど根性ガエル」は主人公ひろしを
演じる、松山ケンイチさんの演技力なのか
私はすごく面白いなと感じました。

正直をいうとあまり漫画の実写化は好きではないんですが。。。
なぜかは、漫画はジャンル問わず大好きなので
キャラクターのイメージが崩れるのはいやだなぁ。。。
と思っていて

否定するつもりはないんですが意識してあまり見ないようにしてます。

そんな中「ど根性ガエル」は
世代ではないので懐かしいと感じる作品ではないのですが
昔から知っている作品なのでどうなんだろうと思っていたら

スポンサードリンク

主人公のひろし役が松山ケンイチさんだと知ってみはじめました。

弟がデスノートが大好きで
この夏のドラマのデスノートではなく映画のデスノートを
弟にすすめられ見てみたら

内容が原作に忠実なのもほんとによかった点なんですが
デスノートではL(エル)役松山ケンイチさんの演技が
中でもすごく目立っていて
Lといえば細身で根暗でしゃべり方、座り方、ものの持ち方など
すべてにおいてすごく特徴的なキャラなんですが
どちらかというとがっしりした体系なのに役作りのためにやせたり
Lの癖をちゃんと再現されていたのにとっても感動しました!

なのでど根性ガエルの主人公が松山ケンイチさんだときいて
これは期待できるかも!と思いました。

ど根性ガエルネタばれ

何も調べずに7月11日放送があったものを見たら

ドラマ「ど根性ガエル」はひろしのTシャツにピョン吉が張り付いたときから
16年後の話のようでした。
ひろしの年齢ももう30歳。なのにいわゆるニートのままだらだらとすごしながら
根性で暑苦しい感じのピョン吉を敬遠するようになり
そんな時、薬師丸ひろ子演じるひろしの母がピョン吉になにか異変を感じて。。。。

という感じでした。

今週の土曜日に放送予定の第2話は

母とピョン吉と喧嘩になり家を飛び出すひろしは
ひろしの元マドンナ前田敦子演じる京子ちゃんやいろんな人を
巻き込んでの逃走劇のようだ

「ど根性ガエル」は毎週土曜日21:00~21:54
今後も期待できそうです♪

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ