七夕に食べる行事食?簡単お菓子のレシピ!

———————–
ひな祭りは、あられ
こどもの日は、柏餅。
七夕に食べる行事食ってなんでしょう?
———————–

七夕に食べる行事食って?

夏になるとスーパーや店先に並ぶ定番食!「そうめん」
とくにわたしは、夏バテになりやすいため。。。
食べやすいそうめんには毎年お世話になっているわけですが。。。

なんとこの身近なたべもの「そうめん
DSCN0156

そうめんが七夕の行事食って知ってましたか?

身近すぎて知った時、え?そうめんでいいの?ってわたしはなりました(笑)
その起源はとっても古くて、平安時代にはすでにそうめんの原型を七夕に食べていた、という記録が残っているようです。

七夕の節句に、小麦粉と米の粉を練って縄の形にした菓子を食べる「索餅(さくべい)」と呼ばれる
中国から来たお菓子が由来で、和名では「むぎなわ」って言うそうです。

その故事から生まれた風習が日本に伝わり、最初はこのお菓子を食べていたようですが時代を経て。。。
「索餅」が「索麺(さくめん)」とよばれ「そうめん」に変化したのです。

スポンサードリンク

でも行事食はそうめん!って言われても
ピンクとか今はいろんなそうめんもでてますが。。。
ちょっと特別感にかけるような気がして。。。
a1200_000038

でも「索餅」もちょっと。。。

という事で歴史をご紹介してみましたが。。。
七夕にあいそうな簡単カラフルクッキーをおやつに作ってみようと思います♪

簡単カラフルクッキー!

☆材料☆
———————–
●薄力粉110g
●片栗粉20g
●塩 ひとつまみ
●かき氷シロップ40g(今回は黄色くするためレモンシロップにしました)
●ハチミツ10g
●サラダ油30g
———————–
①薄力粉、片栗粉、塩は合わせてふるっておいてください。
②別のボウルでかき氷シロップ、ハチミツ、サラダ油を泡立て器で混ぜる。
③②を①に入れ、ゴムベラでサクッと混ぜる。(こねずに切るように!混ぜすぎると固いクッキーになっちゃいます)
④まとまってきたら、麺棒で約5㎜くらいの厚さに伸ばします。
⑤お好みの型で抜く!(やっぱりオススメは星ですがお好きなもので。)
⑥160度に予熱したオーブンで10分。そのあと、150度にしてさらに10分焼きます。
⑦焼き上がったら出来上がりです♪

かき氷シロップをいろんな色に変えたら、いろんな色のカラフルなクッキーができます♪
彦星と織姫にちなんで。。。
水色、ピンク。。。
笹をお皿にしいてその上に並べるとより七夕の感じが出てよいかもしれません!
よければお試しください♪
migt020a

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ