---------------------------
そろそろ年賀状を書く時期
今年は喪中だけどいつ出せばいいの?
---------------------------

2b9a4d3b6d7fcb11f6ca067c58805184_s

喪中はがきの文例続柄の書き方

親族になくなった方がいる場合。一般的に本人からみて2親等まで喪に服する
とされていて、別世代でも喪に服したい気持ちがあれば喪中の挨拶を出すのは問題ないです。

妻、夫が0親等
父(義父)、母(義母)、子供、配偶者の両親は1親等
兄弟、姉妹、孫、祖父母、兄弟(姉妹)の配偶者、配偶者の親(義祖父母)を2親等

と呼びます。

書き方は一般的に差出人と故人の苗字が違う時はフルネームを記載します。

続柄で書く場合、夫婦で連盟で出す場合は父親から見た続柄になり
故人がお嫁さんの父親なら「義父」「妻の父」等と記載します。

喪中はがきの文例

喪中は身内に不幸があったため喪に服しますので、新年の挨拶は控えます。
と言った意味で送るはがき。

なので基本的には近況等は書かないのが基本です。

たとえば引越し等も慶事的になってしまうので書かないのが一般的です。

もし住所が変わった場合は住所の上に「新住所」等、新しい住所とわかる程度にするか
別に寒中見舞いなどで近況報告しましょう。

喪中はがきを出し忘れた相手から年賀状が届いてしまった場合も
松の内があけてから7日過ぎに寒中見舞いでお返事を書きます。

喪中はがきの時期いつ出せばいいか

喪中ハガキは先ほども書きましたが新年の挨拶を欠礼するという意図で出すものなので
新年の前、るまり年内に届けは本来は問題ないです。

ですが喪中ハガキを受け取ったら年賀状は相手も送らないという風習が確立しているので
相手が年賀状を出す前
11月中旬から遅くて12月初旬に届くようにしましょう。

おすすめの記事