幸手 権現堂公園の彼岸花について

 

権現堂公園は、埼玉県幸手市と久喜市に位置する埼玉県営の都市公園です。
指定管理者制度に基づき、権現堂公園管理事務所(特定非営利活動法人幸手権現堂桜堤保存会、幸手市の共同事業体)が管理・運営を行っています。

敷地は桜の名所として親しまれている権現堂堤や権現堂調節池(行幸湖)沿いに、調節池特有の水辺景観等を活用しながら、1号公園(多目的運動広場、ジョギングコース、水生花園、駐車場)から4号公園(桜堤、駐車場)まで4つのエリアで構成されています。

1号~4号公園の4ヶ所に分かれていて、1・3・4・号公園が開園済みで、2号公園が整備中となっています。

権現堂公園1号~4号公園について

 

【幸手権現堂桜堤(4号公園)】

関東の桜の名所として有名な幸手権現堂桜堤は、約1000本のソメイヨシノが1kmにわたって咲き誇ります。
桜周辺にある菜の花とのコントラストは見事で、毎年花見を楽しむ来園者で賑わっています。
6月には色とりどりの紫陽花、9月には真っ赤に染まる曼珠沙華(マンジュシャゲ)=彼岸花、1月には白い可憐な水仙が見ごろを迎えます。
このように一年を通して、四季折々の草花を権現堂桜堤で楽しむことができます。

【多目的運動広場(1号公園)】

多目的運動広場(1号公園)では、幸手市と久喜市にまたがる位置で権現堂公園の一番北側になります。平成23年4月に前面開園したこの
公園では、少年野球やグラウンドゴルフが楽しめる球技広場や、一面芝生の多目的広場、大型帆船などの遊具があり、休日には多くの子ども
連れの家族で賑わっています。

【権現堂公園(3号公園)】

「歴史と文化の薫る万葉の公園」をテーマにした、緑の多い公園です。
憩いの場として利用するのに、最適な場所となっています。

 

彼岸花について

彼岸花は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草で、放射状に開いた赤い花びらが非常に印象的なとても美しい花です。
開花時期は、9月中旬から下旬にかけて見ごろを迎えます。

花が咲いた後に葉っぱが伸び、秋に咲き春に枯れるという通常の植物とは真逆の生態を持つ珍しい植物でもあります。

花の色は主に朱色がかった赤色ですが、稀に白や黄色のものもあります。

日本では古くから「死」を連想されるイメージがあるためか、市場での流通量は多くないと言われていますが、欧米では園芸品種として
開発されています。

彼岸花の花言葉は各色によって違います。
・赤:「情熱」「転生」「悲しい思い出」「あきらめ」「独立」など
・白:「思うのはあなたひとり」「また会う日を楽しみに」など
・黄色:「追想」「思いやりの心」など
彼岸花の花言葉には、情熱的な強さのある言葉がある反面、どこかさみしげな一面を伺うことができます。

彼岸花の名前の由来は、秋のお彼岸の時期(9月中旬~下旬)に咲くことから、その名をつけられたとされています。

また「彼岸=死後の世界」と言う意味から、幽霊花、死人花、地獄花、とも呼ばれ墓地でもよく見かけます。
別名として、「リコリス」「曼珠沙華」「狐花」など、方言を含めると1000以上の別名があると言われています。

気になる2019年の開花状況については、公式ホームページにて8月下旬より随時発表されます。

「曼珠沙華まつり」について

 

毎年9月中旬から10月上旬にかけて、権現堂公園を会場に開催しています。入場料は無料となります。
権現堂公園に、桜だけではなく四季折々の花をと思い平成12年より、曼珠沙華(マンジュシャゲ)=彼岸花を植栽しました。

堤中央付近に「峠の茶屋」があり、曼珠沙華まつり期間中は、毎日休まず営業を行っています。
峠の茶屋では、飲み物や峠の茶屋自家製のパン、幸手市の物産などの販売を行っています。
テーブルとイスがあるので、休憩がてら焼き立てのパンをいただくこともできます。
営業時間:9~17時

秋の訪れとともに土手一面に咲く曼珠沙華は、市民ボランティアの方たちが大切に育て、現在では350万本にまで増えました。
緑の中に広がる曼珠沙華の真っ赤なじゅうたんは、まさに癒しの空間です。

桜や紫陽花に続く、権現堂堤の四季の移り変わりをぜひ堪能してみてください。

今年の開催期間は、

2019年9月14日(土)~10月6日(日)となっています。

権現堂公園へのアクセス

 

【電車でのアクセス】

東武日光線幸手駅より、朝日バス「五霞町役場」行きバスに乗車。「権現堂」下車。(片道180円)
※路線バスの本数が1時間に1本程度となります。

【車でのアクセス】

住所:埼玉県幸手市大字内国府間(うちごうま)℡0480-42-6221 「幸手市北公民館」でカーナビ設定をすると便利です。

・圏央道「幸手IC」下車、市街地方面へ「中3丁目」交差点を右折し国道4号線へ、「権現堂桜堤」交差点を右折。(約4.4km)
・東北道「久喜IC}下車、県道さいたま栗橋線を栗橋方面へ、「八甫」交差点を右折、「権現堂桜堤」交差点を直進。(約10.3km)
・新4号バイパス利用時、春日部市「庄和インター」交差点から国道4号線バイパスを五霞方面へ、「消防署前」交差点左折、県道幸手境線
「北3丁目」交差点を右折。(約19.2km)

【駐車場】

駐車場あり無料。
8:30~19:00(4~9月)、8:30~17:00(10月~3月)

おすすめのランチ情報

 

権現堂公園周辺での、おすすめのお店を紹介します。
東武日光線、幸手駅から歩いて10分ほどのところにある「ふくろう幸手門間」。リピーターの絶えない人気の蕎麦屋さんです。
目の前で蕎麦玉をこねるところから始めてくれる、つなぎなしの十割そばなのに、つるつると美味しい蕎麦はここでしか味わえない一品です。

また、「鮨屋に行く気がなくなる蕎麦屋」としても地元では大変有名で、都内の良い鮨屋さんでも出ないような、レアで美しい部位を
握って出してくれるのも人気の秘密のようです。

権現堂公園で、美しい彼岸花を堪能した後、お帰りの際にぜひお立ち寄りください。

おすすめの記事