今年の夏は猛暑に続き、豪雨などの被害が多発し、とても辛い季節ではなかったでしょうか?また、その被害でまだ不自由な生活をされている方々には本当に早い復興を願うばかりです。

令和最初の夏!とても大変でしたが、もう周りを見渡せば、小さな秋がやって来ています。

どんな大きな災害があっても自然って素晴らしいなと感じる日々です。そして朝晩の冷え込みが進むと山々も紅葉し始めます。まだ9月なので夏と秋の混合の季節で秋を見つけるのが大変かもしれませんが、そろそろ秋の計画してみませんか?

今回は、東北三県にまたがる山とも言われている 栗駒山(くりこまやま) についてお伝えします。

栗駒山について

 

栗駒山は山が、宮城・秋田・岩手の三県にまたがって連なっており、標高は1626mで山頂まで行くと宮城県と岩手県の両方に位置されます。

この愛らしい山名の由来は、初夏の西側の山頂に馬の形をした雪の跡が現れ別名を「須川(すがわ)岳(たけ)」「酢(す)川(かわ)岳(たけ)」「大日(だいにち)岳(だけ)」「駒ヶ岳(こまがたけ)」とも呼ばれています。

また栗駒山は活火山(成層火山)に指定されているため今後注意も必要になってきます。因みに最後の噴火したのは1944年11月との事です。2008年に起こった岩手宮城内陸地震で、大変な地滑りをおこしており、今後の活火山の防災のため監視・観測体制の充実等の必要があると選定もされています。

最近でも、活火山が噴火して沢山の方が無くなられたニュースなどをみると、火山指定されている山へのレジャーは十分な知識と準備が必要なのかなと感じます。

2019年栗駒山紅葉の時期、見ごろは?(ライブカメラなど)

 

例年で見ると、栗駒山が色づき始めるのは9月中旬ごろ!つまり、日本の三連休やお彼岸の辺りからちらほら色づき始めるこの時期なのです。

また、その頃にお出掛けするのなら、10月にかけてピクニックや登山しながらというのも良いかもしれませんね。

紅葉すると言われてている木の種類は ※ブナ、 ナナカマド というのが多いようです。(※http://www.geocities.jp/greensv88/jumoku-zz-buna.htm
http://www.geocities.jp/greensv88/jumokuF.htm)

また、色々な施設等からのカメラなどで紅葉の情報も流してくれるようですが、現在のところ見当たりませんでした。市のホームページでは観光地の案内や栗駒山の状況なども随時発信しているのでそちらを参考にするのも良いかもしれないです。

https://www.kurihara-kb.net/

 

栗駒山までのアクセスや登山

 

市のホームページなどにも記載されているようですが、栗駒山は紅葉の季節や春などにハイキング登山できるコースなどが設けられています。初心者から上級者まで堪能できるので、ぜひ自身に合うハイキングしてみませんか?

春は花!秋は紅葉!とても魅力のある栗駒山に是非足を運んでみましょう。

<場所>    栗駒山 いわかがみ平
<アクセス>  東北自動車道・若柳金成ICより車で約65分、築館ICより車で70分。
JR東北新幹線・くりこま高原駅より車で約70分。駐車場有
<問い合せ>  0228-25-4166 栗原市観光物産協会
また、季節臨時バス「栗駒山紅葉号」「鳴子峡・中山平紅葉号」が運行されるので、電車などでお越しの際はぜひ、ご利用下さい。
「栗駒山紅葉号」     9/22(土)から24(月)、29(土)、30(日)、10/6(土)から8日(月)、13(土)、14(日)
「鳴子峡・中山平紅葉号」 10/13(土)から11/5(月)まで
運賃はこちらからhttp://www.miyakou.co.jp/cms/uploadfiles/output/5b7e3029-b1ac-46ae-a1b9-6d1dc0a80203/

~おすすめ登山道は全部で6コース~

1. 中央(初心者ファミリーコース)約2時間の3キロメートル
2. 東栗駒コース(初心者中級者)約2時間半の4キロメートル

3. 湯浜コース(健脚コース) 約6時間9キロメートル
4. 表掛コース(中級者以上コース)約6時間7キロメートル
5. 裏掛コース(健脚コース)約4時間5キロメートル
6. 大地森コース(中級者コース)約5時間7キロメートル
その他にもありますが、登山口や設備等が変わってきますのでチェックしてからお出掛けしましょう。また、自然観察を目的とする散歩コース(自然観察路)もあるので、まず紅葉を観たいという方はおすすめかなと思います。
(トレッキングmap https://www.kurihara-kb.net/publics/index/62/)

栗駒山近隣の宿泊施設や日帰り温泉のおすすめ

~須川高原温泉~ 栗駒山の北方、中央火口丘付近に位置する高原温泉!標高は1126mで灌木や溶岩、豊富な高山植物に囲まれた温泉。登山を終えた後に寄ってみたいお宿です。http://www.sukawaonsen.jp/about_info

~栗駒山荘~  須川高原温泉の近くにある山荘(旅館)です。ここに宿泊すると無料で温泉に入りに行けるので、便利です。もちろん休憩スペースやお土産、お食事もできます。冬季(11月から4月)は雪も多い地域なのでお休みですが、温泉の今の季節にはぴったりです。
http://www.kurikomasanso.com/
★一泊2食付き10650円から
★入浴時間9時~16時半(日帰り金額 大人700円、子供350円より)

View this post on Instagram

. 秋田県須川温泉 〈栗駒山荘〉♨️  栗駒山登山のアプローチに絶好の場所 「須川高原」🌿🏕  岩手県と秋田県との県境、岩手側にあるのが(須川高原温泉)♨️ 秋田側にあるのが(須川温泉)〈栗駒山荘〉♨️😆  2つの温泉の距離は300mも離れていません🤔  (須川高原温泉)は、昔ながらのワイルドな作りなのに対して、〈栗駒山荘〉は、上品な大きな別荘のイメージ😃😄😆  今回紹介の〈栗駒山荘〉は、標高1100mの高台に建ち、全ての部屋、男女別のお風呂から、栗駒山から広がる須川高原が一望に見渡せる大パノラマ、開放感抜群のシチュエーションです💦💦😆😆🤣🤣♨️♨️  特に、露天風呂からの景色が最高🤣🤣🤣 左手には、栗駒山からの稜線がつながった「秣岳」(まぐさだけ)が望め、右手にはブナの原生林「野鳥の森」、眼下には「イワカガミ湿原」、正面の遠く山の稜線には〈鳥海山〉に沈む夕陽が見渡せるパノラマビュー🗻🌅  山の中で、これだけ景色が見渡せる浴室は、ほとんどないのではないかと思います🤣🤣🤣(女湯も同じです😄)  それに加えて、硫黄香る乳白色の温泉に入れば、気分の高まりを、抑える事が出来なくなります💦😆🤣♨️  泉質は泉温49.9℃、PH2.1、強酸性の明礬緑礬(みょうばんりょくばん)泉酸性含鉄硫黄ナトリウムカルシウム塩化物硫酸塩泉♨️  乳白色の硫黄泉です♨️  ここは、日帰り入浴OKですが、ぜひ宿泊して、乳白色の露天風呂から、鳥海山に沈む夕陽🌅を見ながらほっこりはいかがでしょうか🤣🤣🤣   #温泉#栗駒山荘#秋田県 #須川温泉#須川高原温泉#栗駒山#秘湯#天然 #天然温泉#別府八湯温泉道名人 #九州温泉道泉人#温泉好き#温泉好きな人と繋がりたい#温泉めぐり#湯めぐり#hotspring#akita#kurikomasanso#sugawaonsen#followme#ohsakanotake

A post shared by ohsakanotake _ onsen (@ohsakanotake_onsen) on

この秋のハイキング計画に是非、お役立て下さい!!

おすすめの記事