こんにちは、mizukiです。今日ご紹介するのは、信州の白駒池。一度、紅葉のシーズンに行ったことがあるのですが、白駒池の湖面のさざ波がおさまると水面に紅葉が写ってとっても綺麗でした。

mizuki一押しの紅葉スポットです。

 

白駒池について

 

秋も深まり、いよいよ紅葉の季節ですね。
紅葉の名所として知られる「白駒池」をご紹介します。

白駒池(しらこまいけ)は、長野県南佐久郡佐久穂町と小海町との境にある池で、北八ヶ岳のふもとの八千穂高原にあり、「白駒の池」とも呼ばれています。
標高2,115mにあり、面積は114,300㎡、水深8.6mで、標高2,000m以上の高地にある湖としては日本一の湖です。

人造湖ではなく、白駒峰の噴火により大石川がせき止められてできた堰止湖(せきとめこ)ほ、北八ヶ岳の広大な原生林の中にあり、透明度は5.8mにも及ぶ神秘的な湖です。
そんな大自然の中の湖ですが、国道299号線沿いの駐車場から約15分ほど歩けば行けるので、子どもからお年寄りまで気軽に、大自然の織り成す季節の移り変わりを楽しむことができます。

秋には白駒池の周囲にあるドウダンツツジ、ナナカマド、ダケカンバなどが赤や黄色に色づいて、鮮やかな景色が広がるばかりではなく、湖面にも何とも言えない美しさが映し出されます。

 

2019紅葉の時期、見ごろ、ライブカメラ

 

白駒池では例年9月下旬から10月上旬に紅葉の見ごろを迎えますが、今年は9月の気温が高かったせいか少し遅れているようです。
今年の見ごろは10月4日頃から、落葉は10月16日頃からという予想となっています。

紅葉を見に行くのなら、お天気が気になりますよね。
服装などの装備にも影響しますから。
そんな時はライブカメラで確認をしましょう。

「白駒の池入り口有料駐車場」には、5分間隔で更新されるライブカメラが2台設置されています。
これでお天気と駐車場の状況を確認することができるというわけです。

アクセス

 

公共交通機関:JR八千穂駅から千曲バス麦草峠行き(5~10月の特定日のみ運行)白駒池入口下車で1時間15分、徒歩15分
車:中央道諏訪ICから国道299号線メルヘン街道 麦草峠方面へ約30km
中部横断道八千穂高原ICから国道299号線メルヘン街道 麦草方面へ約50km

駐車場

 

白駒の池入り口有料駐車場
・施設情報:駐車場 200台 (大型バス駐車可)、障害者専用1台
総合案内施設(お土産、簡易的な登山案内)
・営業時間:4月下旬~11月上旬 営業期間中は24時間駐車可能
・利用料金:普通車         500円
中型車(マイクロバス) 1,000円
大型車(マイクロバス) 1,500円
※ 0:00から24:00までの料金となります。宿泊等1泊される場合は2日分)
※ 営業期間中で係員が不在の場合は、駐車場入り口の管理棟前にある封筒に料金を入れて車のナンバーを記入の上、管理棟ポストへ入れます。
・トイレ :多目的トイレ有り
※ 浄化槽や水源地から水をくみ上げるための経費等トイレの維持に対しての協力金として50円の利用料がかかります。

麦草峠駐車場
・駐車可能台数:30台
・利用料金  :無料

混雑状況

 

やはり紅葉のシーズンは、土日は特に駐車場は大混雑となります。
当然、周辺道路も渋滞となるので、時間に余裕をもって早めに行動することをお勧めします。

そして是非ここで活用して欲しいのが、白駒の池入り口有料駐車場のライブカメラです!
この駐車場は第一駐車場と第二駐車場とがあり、普段は第二駐車場は開放していませんが、紅葉の時期など混雑する時期には解放されます。
ライブカメラでは第一駐車場の入り口と第二駐車場の2ヶ所の、5分毎の更新画像を見ることができるので、ほぼリアルタイムで混雑状況を確認することができますね。

登山客は数時間、駐車場に車を停めることになりますが、観光客はそれほど長い時間は留まらないので、タイミングがよければすんなり駐車場に入れることもあるかもしれません。

シャトルバス

 

マイカーで来たのに白駒の池の駐車場に止められない、という時は、八千穂高原スキー場駐車場(500台)とレストハウスふるさと(30台)から無料シャトルバスが運行されますので、利用してみてはいかがでしょう。

9月21日(土)~9月23日(月)、28日(土)・29日(日)、10月6日(日)、12日(土)~14日(月) 八千穂高原スキー駐車場~白駒の池往復無料シャトルバス運行

白駒池トレッキング

 

白駒の池入り口有料駐車場から白駒池を目指し、池の周りを一周する約40分のコースがあります。
道は整備されているので、小さなお子さんからお年寄りまで、気軽に高山植物を見ながら散策することができるコースです。

原生林の宝庫である池周辺の森の中には、485種類もの美しい苔が青々と林床を覆っていて、そこには日差しが強く差さないのでとても幻想的な美しさがあります。
小人か妖精でも現れそうな雰囲気です。

宿泊

 

池の畔に建つ唯一の宿「白駒荘」に、昨年新館が完成し、宿泊ができるようになりました。

新館が完成したことで入浴も再開できるようになります。

View this post on Instagram

山小屋食べ歩き登山③は 白駒荘で“ほおずきレアチーズケーキ”とコーヒーを✨ * 今にも雨が降り出しそうだったので 急いで食べて駐車場へ。 ほんとは麦草ヒュッテも行くつもりだったんだけど (どんだけ喰う 笑) お腹いっぱいで😂 * 「ボーナス入ったら食べ歩き登山しよう」と約束していたので夏ボ出た翌日に実行😂👍🏻 * 次は冬ボだな。笑 * * #なぜかお腹壊した。え? #白駒荘 #白駒池 #八ヶ岳 #ただの山好き写真好き #ほおずきレアチーズケーキ #山 #登山 #夫婦登山 #自然が好き #山が好き #食べ歩き登山

A post shared by 𝐀𝐲𝐮𝐦𝐢.𝐊 (@ayumi0111) on

宿までは車で行くことができません。
駐車場から15分程山道を歩いて向かうそこは、まるで別天地に建つ山小屋のようです。

今年の秋は、日本で一番高いところにある神秘的な湖と幻想的な苔の森で大自然を満喫し、色鮮やかな紅葉を、水面に映る紅葉とともに楽しんでみてはいかがでしょうか。
夜もまた、なかなか見ることのできない星空を眺めることができることでしょう。

 

おすすめの記事