今年は台風や雨が多い日本。でもあと少しで訪れる紅葉の季節は目の前です。たくさんの木々が私達を赤色の温かい気持ちにさせてくれるはず!

今回ご紹介するのは愛知県にあるとある場所!地元では訪れる人が多いのではと言われている「香嵐渓(こうらんけい)」の紅葉についてお伝えします。

行楽シーズンに突入とされている今、まさに訪れて欲しい場所の一つです。

香嵐渓について

 

読み方が少し分かり辛いここ「香嵐渓」。これからの季節は紅葉(もみじ)が素晴らしいのですが、四季折々季節ごとに楽しめるそんな場所なんです。春には新緑が楽しめ、夏には生い茂る木々の合間の木陰探しがとても気持ち良いです。そして訪れようとしている秋の紅葉と冬の深々と雪が降る雪景色まで、一年を通して是非、堪能してみたいものです。

季節を代表する花や木々、景色を少しだけチェックしておきましょう!

~香嵐渓の春~

お花見のシーズンでもある3月中旬から4月上旬にはここ香嵐渓では“山野草”が咲き誇ります。かたくりはユリ科の多年草で下向きに付いた六枚の花びらが気温によって向きを変えると言われいます。このかたくりの花が終わるころに山野草で一杯にすると言われている場所です。

~香嵐渓の夏~

新緑の季節といわれる夏。今年はほんとに暑かったですね!でも新緑に包まれるこの場所は川も流れていて涼しげです。「待月橋」や「香積寺山門」の木々の木陰で休む人の行き来が夏らしいです。

~香嵐渓の秋~

今訪れる秋に向けて、有名な紅葉の香嵐渓!香積寺十一世の三栄和尚が1634年(寛永11年)に植えたのが始まりで、美しい自然をもっと綺麗に森林公園を作ってたくさんの方々に癒しを与えたいという思いで植えられた紅葉だと言います。
また、紅葉も11種類(イロハカエデ・ヤマモミジ・ウラゲエンコウカエデ・オオモミジ・コハウチワカエデ)ほどあり見比べてみるのも楽しいかもしれません。

~香嵐渓の冬~

愛知県のこの場所は毎年、雪が積もるといわれている場所でとても幻想的な街並みに変わります。毎年1月7日には「足助八幡宮」で七草粥が振る舞われます。

 

2019年 香嵐渓紅葉の時期、見ごろ、(ライブカメラやライトアップなどは?)

 

毎年、紅葉が満開!ライトアップもされる夕暮れからの時間にはたくさんの方が訪れます。
そんな見ごろの時期というのは

11月中旬から下旬と言われてますので、ぜひチェックしてみて下さいね。

またその時期に開催される「香嵐渓もみじまつり」11月1日から30日 には一日を通して渋滞や駐車場が空いてない状況があると思います。時間には余裕を持たれて、散策やイベントを楽しんでほしいです。11月には祝日や連休もあるので特に注意が必要ですね。

ライトアップは夕暮れ時間から徐々に始まるので秋の夜長には最高ですね!また、ライブカメラの配信はしていないようです。
(秋のパンフレット情報はこちらhttp://asuke.info/pamphlet/)

香嵐渓までのアクセス、駐車場、渋滞情報

 

<場所>   愛知県豊田市足助町宮平34-1
<問い合せ> 0565-62-1272(木曜定休)  メール:kankou@asuke.info
<アクセス> 電車・バス 名鉄三河線 「豊田市駅」下車、名鉄バス矢並線
足助行約45分
名鉄名古屋本線 「東岡崎駅」下車、名鉄バス岡崎
足助線70分
車 関東方面から
東名高速道路 「豊田JCT」から東海環状自動車道
「豊田勘八IC」を下車。
国道153号を飯田方面東へ約13km
関西方面から
東名阪自動車道伊勢湾岸自動車道経由、
東海環状自動車道「豊田勘八IC」を下車。国道153号
を下車。県道39号線を東へ。
詳しくはこちらからhttp://asuke.info/access/

駐車場については、公共場所があります。随時空き状況は更新されますので必ずホームページで確認してからお出掛け下さい。https://www.sansyuasuke.com/%E9%A6%99%E5%B5%90%E6%B8%93%E9%A7%90%E8%BB%8A%E5%A0%B4/

<気になる渋滞時間は?>
毎年、紅葉の時期には多方面からの観光客が訪れます。特に見ごろと言われる11月頃には祭りが開催され、夜もライトアップされるので人混みプラス渋滞が予想されます。

回避するのであれば、14時頃到着が良いとされてます。

日中楽しみたいという方が帰る時間と、ライトアップを楽しみたいという人の丁度で入るをする時間を避けるという意味だそうです。朝から出掛けるのであればその時間は避けて出掛けるとスムーズに楽しめるのではないでしょうか?

香嵐渓近隣での食事、宿泊、温泉

 

もみじ祭りシーズンには出店などが多いようですが、それ以外におすすめとされる温泉宿を何軒かご紹介してみましょう。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

◎白鷺温泉白鷺館 ~透明で硫黄の香りがする昭和の湯

http://sirasagikan.com/~
温泉のみ 800円
お部屋付お食事 4200円~
休憩   3時間3150円~
アクセス 名鉄東岡崎より足助行で1時間 「足助追分下車」徒歩5分
「東明名古屋IC」から車で約40分

◎笹戸温泉紫翠閣とうふや ~愛知県最古の天然温泉~

http://www.toufuya.co.jp/
温泉のみ 1000円
お部屋付休憩 4000円~
お食事処、お土産屋あり、喫茶あり
宿泊 10800円~
アクセス 東海環状自動車道「豊田勘八IC」から30分

View this post on Instagram

愛知県 紫翠閣とうふや 名古屋の藤が丘駅から無料送迎バスで40分。 バス運転手が短気なので、早めにスタンバイがおすすめ。 山のくねくね道を抜けると、 地元の人々もあまり訪れず、インバウンド需要もまだなさそうな静かな穴場スポット。 このエリアは、愛知県民でも知らない人が多く、 温泉地と言えば蒲郡か知多のエリアとのこと。 平日は空いているので、露天風呂は、ほぼ貸切状態👍 夕方から0時までお風呂にはいれます。 露天風呂はベランダに気持ち程度に備え付けられ、 お湯はぬるめなので、ぼーっと、鈴虫の鳴き声を聞きながら 夜空を見上げ、ずっと入っていられます。 周辺は何もないので、ホテルの売店で夜食ゲットし、眠りにつきました。 名古屋から遠くないので、すこし足を伸ばし都会の喧騒から離れて、のんびりしたい人にはおすすめです。 ■泉質 : 低張性アルカリ性冷鉱泉 ■効能 : 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病 ■禁忌症 : 急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(特に初期と末期) ■源泉温度 : 20.8℃ ※渓流大浴場は加温したお湯を循環しております。 (当旅館HPより) #愛知県の温泉 #温泉 #笹戸温泉 #藤が丘 #森林浴 #ブレジャー #onsen #hotsprings

A post shared by 温泉旅館巡りbyDarumars (@darumars_onsen) on

 

おすすめの記事