こんばんは!mizukiです。

今日は、テレビ番組の情熱大陸【内藤いづみ/いのちに寄り添う医師。模索する“究極の在宅医療に出演し、話題になっているふじ内科クリニック院長の内藤いづみさんについて書きたいと思います。

番組を見て、内藤さんについて興味を持たれた方も多いのでは。

mizukiも90過ぎた祖母がいるので他人事ではありませんでした。

内藤さんについて調べたことをできるだけ詳しく書いていきたいと思います。

内藤いづみさんといえば、番組でも紹介されていた通り、在宅ホスピスのオーソリティでいらっしゃいます。

情熱大陸【内藤いづみ/いのちに寄り添う医師。模索する“究極の在宅医療では、高齢者の体と心の痛みを取り除く、まさにいのちに寄り添う医師としての仕事ぶりが印象的でした。

今回は、内藤いづみさんさんがどのような人なのか、まとめてみました。

内藤いづみさんのプロフィール

 

名前:内藤いづみ
読み方:ないとういづみ
出身地:山梨県
生年月日:1956年 63歳(2019年現在)

現在は、甲府にあるふじ内科クリニック院長

内藤いづみさんのwiki経歴

 

昭和56年3月 福島県立医大卒業後、東京女子医大内科等に勤務。

昭和61年から英国のホスピスで研修を受ける。

平成7年にふじ内科クリニック開業。

NPO日本ホスピス・在宅ケア研究会 元理事。

2017年度大正大学客員教授

主な著書

 

 

など、多数。

内藤いづみさんの年収はいくら?

 

一般的に、開業医の年収は、2,500万円程度だそうです。

サラリーマンに比べるとやはり高額ですね。サラリーマンで同じ給料をもらおうと思ったら、最低でも役員クラスにはならないと無理でしょう。

内藤いづみさんの場合は、共著も入れると多数の本を出品されていますし、マスコミへの出演も数多く、一般の開業医とは、比べ物にならあないくらいの年収だと想像されますね。

倍の5,000万円くらいはあるんじゃないでしょうか。

ただ、内藤さんの場合、過去に、作新学院大学教授小林和男さんとの対談記事の中で、自分のことを、日本一の貧乏医師と表現されていました。

実際のところはわかりませんが、患者思いの内藤さん、採算度外視で働かれている可能性もありますね。

 

 

内藤いづみさんの結婚した夫や子どもはいるの?

 

こちらも、作新学院大学教授小林和男さんとの対談記事の中で、ご主人やお子さんのことについて語られていました。

旦那や妻が一般人だったり、使用できる画像がない場合などは、
「画像は見つかりませんでした。」などと書く。

(小見出し)内藤いづみさんのSNS(ブログ、インスタグラム、Twitter)

内藤いづみさんのSNSアカウントは、twitterがありました。

こちらです。

他には、ふじ内科クリニックのホームぺージでコラムを書いておられますので、こちらも必読ですよ。

https://www.naito-izumi.net

(まとめ)

 

この記事では、ふじ内科クリニック院長の内藤いづみさんさんについて、
仕事からプライベートまで、いろいろと調べてみました。

内藤いづみさんさんについて調べてみて、わかったことを
最後にまとめておきます。

・内藤いづみさんのプロフィール
山梨県出身の63歳。
・内藤いづみさんのwiki経歴
福島県立医大卒業後、英国のホスピスで研修を受けた後、ふじ内科クリニック開業。
・内藤いづみさんの年収はいくら?
年収は推定2,500万円 など
・内藤いづみさんの結婚した夫や子どもはいるの?
旦那さんとお子さんがいらっしゃるようです。
・内藤いづみさんのSNS(ブログ、インスタグラム、Twitter)
twitterアカウント:https://twitter.com/naitoizumi

冒頭にも書きましたが、mizukiにも90歳を超えた祖母がいます。今はとっても元気ですが、さすがに90超えなので、完全に一人っきりというのは、本人も回りも不安です。

両親が世話をしていますが、私もできる限り、祖母に寄り添ってあげたいなと、一層思った瞬間でした。

 

おすすめの記事